第二回 染体験に参加しませんか。

http://chiensekko.wixsite.com/home/edosome

第一回目の染体験の写真等を掲載しています。

奄美大島に昔か伝わる染め方。
それも奄美の山々にある樹木を使って染めています。

染体験でなくても、遊びにいらして下さい。
なにか、何か、貴方の心に、あるいは昔に気がつくことがあるかもしれません。

天気も良くなってきました。
ほんの少しだけ暖かくなってきました。
ほんの少しだけですよ(笑)。
太陽の笑顔もあると思います。
スポンサーサイト

テーマ : 奄美大島の旅行
ジャンル : 地域情報

第二回 江戸時代の染体験

第二回 江戸時代の染体験

古代の息吹を感じながら、今は消えてしまった、奄美の江戸時代の織物で使われた染色を体験し、再現してみませんか?

【日 時】
2月18日(土) ~ 19日(日)  9:00~17:00

【会 場】 
旧節子小中学校 (瀬戸内町節子)

名瀬方面より国道58号線を古仁屋方向へ走り、網野子トンネルを出て次の曲がり角を左折し、道なりに。節子集落に入ってからも道なりに進み、つきあたりが学校です。

【再現体験】
江戸時代、奄美に居住していた薩摩藩士の名越左源太が、奄美の生活や文化等を記録した南島雑話を基にして、
今回は、アカメイヌビワを使った染めを再現します。

 
【展示販売会】 2月18日(土) ~ 19日(日) 
作品展    (19日午後1時より出展者による作品紹介)
体験されない方も気軽にいらしてください。

【体験費】  (体験は要予約)
3,000円(染め体験-Tシャツなど持ち込み 2,000円(1枚につき)、 ピザ焼き体験 1,000円)
染体験のみ、ピザ焼き体験のみのご予約も可能です。

【ピザ釜体験】 2月18日(土) ~ 19日(日) 11時~13時 ピザ窯でのピザ焼き体験 1,000円    

【お問い合わせ】
奄美自然文化塾     
携帯:090-7451-5457 (植田) E-mail:anonono2@yahoo.co.jp

テーマ : 奄美大島の旅行
ジャンル : 地域情報

奄美大島にお住いの皆様

明けまして、おめでとうございます。

じつは、今から24年前、私が東京から鹿児島にUターンしてしばらくたった時、高校時代の同級生が白血病になってしまいました。
生きる道は唯一、骨髄移植だけでした。
私は、高校時代の友人を募って、ドナーを探す、骨髄バンク運動に精を出しました。骨髄バンクは、その年にようやくできたばっかりで、結局、ドナーが見つからず、同級生は、幼い子供2人を残して死んでしまいました。

そんなこともあって今でも、ボランティア組織である、かごしま骨髄バンク推進連絡会議の代表をやっています。

この度、奄美の音楽家たちが実行委員会を作って、名瀬で、はじめての骨髄バンクイベントを開催することになりました。

1月28日(土)13:30開場 14:00開演
奄美文化センター
です。

素晴らしい歌声を耳に出来ます。
ご多用のこととは存じますが、ぜひ足をお運びいただければありがたいです。

それと、当日は、骨髄バンクの登録会(2ccの採血)もあります。18歳から54歳までの健康な方ならどなたでも登録できますので、ご協力くださればと思います。
このお知らせを、名瀬在住の方に拡散いただければ、ありがたいです。

下記に、当日パンフの、私の「ご挨拶」を添付しました。

図書出版南方新社
向原祥隆

--------------------------------------
奄美から白血病の患者を救う

かごしま骨髄バンク推進連絡会議
代表 向原祥隆

 夏の暑い日中、あるいは厳しい風の吹きすさぶ中、私たちがドナー登録の呼びかけを続けて随分たったような気がします。
 白血病などの血液難病は、ある日突然、なんの予告もなく、降りかかってきます。悪い行いをしたとか、不摂生が続いたというわけでもなく、本当に突然の出来事として起こってしまいます。私たちも、いつ白血病になってもおかしくない訳です。
 かつては病名の告知が、すぐそのまま死の宣告でもありました。それが、よく効く薬の開発などによって、かなりの人が助かるようになりました。
 それでも、治らない人がいます。その命を救う最後の手段として骨髄移植があるのです。骨髄バンクのスタートは1992年でした。あれから24年、現在、骨髄バンクによる移植は、なんと2万53件に達しています。ドナー登録者はどんどん増え続け、今では46万人にまでなりました。
 それでも、すべての患者にドナーが見つかるわけではありません。今でも、日本国内で1433人、鹿児島県内でも38人の患者が、病院のベッドの上でドナーが現れるのを待っています。

 患者は、そんなに長く待つことはできません。病気そのものが悪化したり、免疫機能の低下によって、肺炎などの感染症にかかったりして、遠からず命を失うことになります。
 この奄美大島でも、白血病等の患者は2万人に1人という、一定の比率で発症します。そして、血液タイプの合うドナーは、同胞の確率が高いのも事実です。奄美の患者を奄美のドナーが救うのです。
 今回奄美大島で、初めて骨髄バンクにかかわるイベントを実現させることができました。ドナーになることで患者に生きるチャンスを与え、救うことが出来ます。登録はわずか2mLの採血で終わります。
 ぜひ、あなたも骨髄バンクへ登録を。何卒よろしくお願いします。

もしも、時間のある方は、奄美文化センターへ、お出掛け下さい。

よろしくお願い申し上げます。

奄美大嶋観光ガイド
代表者 基 武雄

テーマ : 奄美大島の旅行
ジャンル : 地域情報

奄美大島の成人の日は、終わりました。

今日は成人の日ですが、奄美大島では成人の日はしません。
いやいや、成人の日はしますが、既に終わりました。
帰省している時に成人の日をするので、奄美市名瀬は1月5日です。
その他の町村では別の日に終わったようです。
大島紬を着ての成人の日です。まっ全員ではないのですが、奄美大島の伝統文化ですね。

【ワコール】冬のクリアランスセール開催!最旬ブラも今がおトク♪

テーマ : ☆レディースファッション☆
ジャンル : ファッション・ブランド

本日までの、江戸時代の染体験

江戸時代の染体験
    
古代の息吹を感じながら、今は消えてしまった、奄美の江戸時代の織物で使われた染色を体験し、再現してみませんか?

【日時】
11月26日(土)、27日(日) 9:00~17:00
【会場】 
旧節子小中学校 (瀬戸内町節子)
名瀬方面より国道58号線を古仁屋方向へ走り、網野子トンネルを出て次の曲がり角を左折し、道なりに。節子集落に入ってからも道なりに進み、つきあたりが学校です。

【再現体験】
江戸時代、奄美に居住していた薩摩藩士の名越左源太が、奄美の生活や文化等を記録した南島雑話を基にして、今回はハゼの木の芯を使い、黄色の染めを再現します。

【展示販売会】 11月26日(土)~27日(日)
作品展    
(27日午後1時より出展者による作品紹介)
体験されない方も気軽にいらしてください。

【ピザ釜体験】 11月26日、27日
ピザ窯でのピザ焼き体験     (11時~13時)

【体験費】  (体験は要予約)
3000円(染め体験-Tシャツなど持ち込み 2000円(1枚につき)、 ピザ焼き体験 1000円)
染体験のみ、ピザ焼き体験のみのご予約も可能です。

【お問い合わせ】
しまむたび      
電話:090-7451-5457  
e-mail:anonono2@yahoo.co.jp

■瀬戸内町節子集落へ行くには

奄美空港からレンタカーで約2時間。
瀬戸内町の網野子トンネルを出たら減速してください。
右側に緩やかに曲がる道路を左折します。
いきなり坂道になっていますので減速してくださいね。
そこから約4キロをユックリ走って下さい。
途中で道路工事をしています。仮設の信号機がありますので、信号無視はしないで下さい。

下り坂になると集落が見えてきます。
直線道路になると左側にUCC珈琲の自動販売機があります。
そのままユックリと集落内を走行してください。
集落の人があるいているので、ユックリ走って下さい。
途中、道路は曲がりくねっています。
約150メートル走ると学校の校門が見えてきます。

他の車に邪魔にならない場所に駐車してください。

静かで、蝶やトンボが飛び交い、裏山では野鳥が鳴いています。

きっと、落ち着ける場所で気に入っていただけると思います。

ここで、江戸時代の染体験をします。
また、校庭に入ると鶏、鴨。そして山羊もいます。
奄美時間を楽しんで下さい。

テーマ : 奄美大島の旅行
ジャンル : 地域情報

QRコード
奄美大島の観光情報とアフィリエイトのブログ
QR
カレンダー(月別)
02 ≪│2017/03│≫ 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
最近の記事
ブログ内検索
RSSフィード
プロフィール

たけちゃん

Author:たけちゃん
基武雄の人生劇場

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる