奄美大島ブログ

奄美大島ブログは、奄美の観光ガイド、美味しいお店の紹介、経済、文化情報、災害予測、書籍を紹介など、色々12色を取りそろえたバラエティブログです。

戦争が終わりました。

戦争が終わって72年。
奄美市名瀬でもサイレンが鳴りました。

1分の黙祷ではなく、両手を合わせて・・・。

戦争については色々なことがあり、そして私達は生まれました。
常に馬鹿なトップがいたことで、日本は不幸の連続でした。
そしてアメリカの属国になり、それを支援したのが売国奴。

政治家を批判するようだが、正しいことだろうか。
政治家を選ぶのは、有権者です。
その有権者が投票を棄権している。危険な将来が証明されて72年でもある。
それらの輩こそが、最大の危険な輩ではないだろうか。

まずは、他人はを批判する前に足元から思考するべきではないでしょうか。

この日になると常に考えさせられる1日です。

合掌。
スポンサーサイト

北朝鮮ミサイルが発射されたら。

連日報道されているように、北朝鮮ミサイルの発射を確実か、それともアメリカへの脅しか。

私は100%の確率でミサイルを発射すると考えている。
理由は簡単。
追い詰められた北朝鮮としては、戦争という選択肢もある。
それよりもアメリカ憎しである。
確実に経済制裁がボディーブローはきいている。

しかしこれに対して、想像だがイランなど反アメリカ諸国は、何らかの形で援助をしているだろう。

さて、各国の軍事兵器で重要視されるのがミサイルである。
昔のように地上戦を極力避けたい。
簡単で敵国に甚大な被害をもたらすにはミサイルが安価である。
また、命中度が証明されれば武器商人は安価なミサイルの売買に積極的になる。

北朝鮮としては、アメリカとの戦争の勝敗は別として、商業ベースになるだろう。
なにも、物理的に輸出できるわけでもないから技術供与で稼ぐ。

さてさて、それはいいとしても早ければ今月中にミサイルをグアムの4地点に着弾させることが成功すれば、アメリカは確実に攻撃をすることは間違いない。
問題なのは、地上戦はないだろう。
アメリカとしてもリスクはとらない。
とるとすれば韓国軍になるだろうし、同盟国とは言うものの、ついでに日本にも想像できない負担をかければ安価な戦争ができることをシミュレーションしている。
と考えるのが普通だろう。
アメリカとしても数年間は大量兵器の消耗はしていない。

オバマ政権時代には大量兵器消耗戦はなかったので、軍事大国であり、生産国のアメリカとしては、従来のミサイルと口外していない新型ミサイルの実験実証結果からも次のミサイル製造の情報収集にもなるだろう。

アメリカが空爆するが、空母を使っての空爆よりも戦略爆撃機を中心にするだろう。
空母からの攻撃となれば、もしも空母に被弾した場合には、アメリカは信用失墜するだろう。
武器が売れない。
アメリカは北朝鮮にも破られるのか・・・。世界中に一秒間で伝わる危険がある。

戦争はやってみないと、勝敗はわからない。

北朝鮮がどのようにして、アメリカから空爆を防御できるかはしらないが、地下壕が充実てしいる最大の国家としては、アメリカの爆弾を全部消費しても勝算あり。
と考えているだろう。
地上戦の可能性があれば、自国での戦争になれば、対ベトナム戦争を戦って負けたアメリカのゲリラ戦に弱いことをしっている。

実は、両国だけの戦争だけであればいいが、ミサイルが旅客機に当たる。
あるいは着弾した所に民間船がいないもと限らない。
何月何日に発射。という人工衛星ではないからだ。

そして、株価にも直接影響がある。
当然、暴落と急激な円高を想定しなければならない。

不謹慎ではなく、これを利用して稼ぐ考え方をする人達もいる。
既に始まっている。

戦後72年である。
そろそろ終戦記念日である。
当時とは違う形の戦後が始まることを日本国民は改めて考えるべきではないだろうか。

台風がさって思うこと。

少しだけ、何となく涼しい感じがするのは私だけだろうが、ノロノロの台風5号は甚大な被害だけを残して消えていった。
台風だからしょうがないが、どうにかならないのか・・・。いつも思う。
それにしても、今回の台風も奄美大島に甚大と言えるのかは、わからないが、想像したほど大きな台風ではなかった。

何かに守られているのか、それとも今回だけなのか。
昨年は至近距離にもかかわらず、天気が悪い。程度だった台風です。

自然相手の生活である。
さけようがない場合もある。
自宅は、山にも海にも近くないので、もしもの時にはどうにかなると思っている。
ここまではいいが、問題は移動中であるとか。

台風ではないが、突然の豪雨。
あるいは竜巻である。
これは自宅でも、外出先でも、あるいはドライブ中には注意しなければならない。

奄美大島の場合には、必ずと言っていいほど、豪雨や台風の時には、この場所は冠水する場所がある。
しかし、それでも行政は、なにもしない不思議である。
平成22年10月20日の水曜日に極端な集中豪雨で甚大な被害のあった住用村でも道路事情は同じである。
テレビを観ていたら、同じ場所が冠水していた。

同じ哲を何度も踏む。
足は疲れないのか、壊れていないのか不思議である。
税金の無駄遣いは土建業者の貯めにるのでしょうね。
呆れる。

安倍総理の記者会見

今日の午後6時からの安倍総理の記者会見というのだろうか、偶然にも20分ほど観ていた。
さすが、滑舌がよく好きではないが総理大臣として、ハッキリと国民に現状を話している姿には惚れ惚れするところもある。

しかしふと気がついた。
来月の2日に東京都議会議員選挙の告示が投票日かはわからないが、東京都議会選の応援演説に感じたのだが。
確かTBSの記者は、東京都議会選のことを質問していたが、東京都議会選の途中経過の当落数をどれだけ正確に把握しているのかはわからないが、援護射撃に感じたのは私だけだろうか。

総理大臣は地方選挙という考え方だろうが、毎月どこかの市町村で選挙があるのは確かだが、東京都議会選でもしも惨敗とはならないにしても過半数割れになれば衆参の選挙には確実に大きく影響をする。
幸いなのは、それでも民進党に国民が投票しないので自民党は安泰であることは間違いない。

想像だが、もしも東京都議会選で小池氏の勢力に負けるようなことがあれば、全国的にどこかの選挙区から罅が入ることになると思う。

さてさて、自民党や東京都議会の選挙も大事だが第二勢力となる民進党が躍進しない限り、自民党との対決にはならない。
総理大臣がイライラするのもわかるような気がする。

また、マスゴミの輩は籠池氏や加計氏だっただろうかの問題馬鹿りを連射砲を発射しているが大事なことを報道していないのではないのか。
ニュースを観ていると、殆ど同じ時間に同じ内容のニュースを放送している。
正確ではないが、闇カルテル的な報道ではないのかと勘ぐりたくなる。

最大の問題児は、有権者である。
誰に投票しても同じ。
あるいは最初から無関心。でもAKBの選挙の方が大事な有権者が多すぎなのか。
それとも、政治家はAKBを見習うことを政治理念ではないが、修行した方がまともな政治ができるのではないのか。と、嫌味にも皮肉にもならないことが頭をよぎってくる。

まっ、有権者の最大の責任はまともな政党や政治家を見抜く、政治活動をする、当然だが投票に行くことである。

この世の中を悪くしているのは、私達が選んでいる政治家である。
その政治家を議会に送り出しているのは、有権者である。

天安門事件から28年

今、ヤフーニュースを見ていたら「天安門事件から28年・・・。」
実は、この事件には思い出があります。
現在58歳ですが、29歳の時に、このことを既に予言していました。
証言者は、女性が3名に男性が1名。
誰かは書けない。悪い人たちではないが。

29歳の私は、借金返済に追われ、毎日のように返済の電話。
どうしていいのかわからない。解決策はなかった。

おまけに彼女とはわかれなければならなかった。これはどうしようもないことだから、しょうがない。
それはいいのだが、この29歳の終わりの年に、「天安門事件」や昭和天皇の崩御、ソ連の崩壊、ベルリンの壁の崩壊。そして、尾崎豊さんの野垂れ死にまで。
予言とは、聞こえがいいが、私の脳裏に降りてきました。

その降りてきたことを前述の人達に話しました。が、相手はチンプンカンプン。当然でしょうね。
私ですら、自分で喋ってるというよりも、降りてきたことを喋ってるような感じでした。

特に「天安門事件」に関しては、詳細に予言。

昭和天皇の崩御の日を的中させている。

これに関しては、翌年になってから自分がビックリ。

さて、中国政府は「天安門事件から28年」は知られたくない。
しかし次々に、バレていくのは時間の問題である。
中国国民も馬鹿じゃない。矛盾に気がつく。
そして次の行動にでるだろう。
それがテロなのか、なんなのかはわからないが。

北朝鮮だけが批判されているが、別の意味では中国が批判されても当然だろう。

小さな秘密は隠せるが、大きな秘密は隠せない。

しかしだ「天安門事件」以来、予言が的中したのは北京オリンピックの年の4月に大地震が起きることは的中している。
これも証人がいる男性2名である。

占いが好きではあるが、私の場合には降りてくるから面白い。

まずは、その国がどうなるのかは別にして、日々の中で未来がどうなるのかを自分なりに研究することが必要ではないだろうか。

未来は予測できる。
特に、極端な出来事に関しては。

貴方ならどうしますか、どう考えますか。

 | HOME |  古い記事へ »

文字サイズの変更

QRコード

奄美大島の観光情報とアフィリエイトのブログ

QR

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

ブログ内検索

RSSフィード

プロフィール

たけちゃん

Author:たけちゃん
基武雄の人生劇場

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2Ad

Template by たけやん