奄美大島ブログ

奄美大島ブログは、奄美の観光ガイド、美味しいお店の紹介、経済、文化情報、災害予測、書籍を紹介など、色々12色を取りそろえたバラエティブログです。

宇検村タエン浜に産業廃棄物。

宇検村タエン浜の産業廃棄物投棄


写真は広角で撮影したので理解不十分かもしれませんが、ご了承ください。

さて、この写真ですが宇検村のタエン浜の写真です。
場所は、宇検村でも唯一の海水浴場です。
そこに、宇検村は阿室集落の川に堆積物を、信じられないが海水浴場に投棄しているのです。

この投棄という表現だが、一般人が投棄した場合は間違いなく逮捕されるだろう。
過去には、名柄小中学校の先生が奄美市住用町の内海に面した道路上に家庭ごみを投棄して学校に行っていた。という信じられない事件。

今回は、宇検村自体が工事として海水浴場にもかかわらずダンプカー何台分かはわからないが公的に投棄している。
宇検村が投棄というよりも工事として・・・。だろうが、これは誰が見ても違反行為である。

あきれるのが、議員がみているにもかかわらず抗議もしていない。というのです。

この件に関しては、8月の30日か31日に南海日日新聞に掲載しれている。
9月1日現在の奄美新聞には掲載されていない。
これは、大和村の殺人事件同様に、自然を殺している行為だと言っても過言ではないと思う。

NHKや鹿児島の民放各社も取材をしていないようだが、これは宇検村の???100周年記念や世界自然遺産登録の場所ではないと思うが、宇検村が自ら自然破壊をしてるいことが明らかになった以上、これは宇検村だけの問題ではすまされないのではないか。

奄美大島全体の戦略戦術がない。
これが、奄美大島の観光の足を引っ張っている現状ではないだろうか。

スポンサーサイト

アマミノクロウサギ生息地にノヤギ出現!



ノヤギが、奄美大島の山々に、繁殖している。

ノヤギが、アマミノクロウサギの巣に行くようになり、黒兎の生息に脅威である。

世界自然遺産に関しては、行政などが色々と対策をしているようだが、害獣や外来種対策が遅れている。

今回はノヤギであるが、これは以前から問題にされている。
自然に繁殖しているので、人間が簡単に撲滅であったり、ノヤギが0になることは不可能に近い。
しかし、この対策が無視されてる現状では、世界自然遺産登録以前の問題ではないだろうか。



■金作原原生林ツアー
弊社の金作原原生林ツアーは、奄美市名瀬のホテルから約3時間で楽しく、奄美大島を代表する原生林へ、ご案内いたします。
今までに体験したことのない、自然散策が貴方の人生感を刺激します。
何かに気がつく、それは仕事、遊び、自然を観る感覚を改めて、気がつく。独特の視点での観光ガイドで、次のステップに向けて新しい体験をお勧めしています。
ツアータイトルは、「金作原鳥蝶植歩ツアー・きんさくばるちょうちょうしょほつあー」です。
金作原鳥蝶植歩ツアー

●ツアーに関して
午前9時に市内出発
所要時間は3時間
殆どが平坦です。
お一人様4,000円

※準備する物
靴を履いて下さい。
Tシャツでもいいのですが、できれば薄い長袖を着られたほうが虫よけになります。
水分補給用の、お茶などを事前に準備して下さい。

お手洗いがありません。

デジカメや携帯や、スマホの充電を確認しましょう。
雨具等は弊社で準備しますが、折り畳み傘は準備された方がいいと思います。

電話で予約する。
携帯 080-6407-0241

奄美大嶋観光ガイド
奄美大島の観光情報とツアーガイドは、ここから始まります。

地球も生きている

ニュースなどで、地震とか台風情報を聞くたびに嫌になる。
当然、災害も同様だ。

考えてみれば地球も生きていることを忘れていると思う。

できる限り災害に遭わないような生き方や場所に住むことが考えられる。
山の裾野、高層マンション、川の近く、火山の近く。
日本は隅々まで災害に遭う場所になっている。
だからと言ってどこに住めばいいのか迷ってします。

まずは、その場所の歴史を知ることだと思う。人が死んだとか・・・。縁起が悪いと言われている場所とか。
それから井戸の上、奄美大島ではハブの通り道など。
以前から災害がなかったのか。

奄美市住用町の西仲勝集落は水没したのは事前に予測していたが、そこに住用支所を建設している。
前例があっても建設する馬鹿げた現実。
災害から実を守ることが優先しなければならないのに。

地球も呼吸をしている。
日々の中で、互いが生きていく方法を模索している現状の中で安全に生きていくすべを時には考える必要がある。

日々に追われる毎日が意識から遠ざけている。

地域で生きていく安全策を考える一日があってもいいのではないだろうか。

地球の心臓の鼓動を聞いてみたい。
きっと何かを言いたいのだろうと思う。

静かな時間を希望の方は奄美大島観光ガイドが、ご案内致します。

サトウキビとメイチュウ防除

先日の9日の南海日日新聞の一面にメイチュウ防除の記事がありました。

奄美群島にとってメイチュウ防除は必要です。これがサトウキビを食べています。
ところが、農薬散布をしています。これが最悪ですね。

弊社で販売しているRRFなどを使用すると農薬を使わない、農業ができます。
但し、サトウキビでは実証していません。
奄美群島の経済を担っているサトウキビを守りながら生産量を上げるためにもメイチュウ防除を実行する必要がありますが、どうしても農薬に頼ります。

そこで、RRFの出番です。
他の商品には、堆肥作りの商品もあります。

無農薬栽培のサトウキビ。そして、メイチュウなどの害虫に強い栽培品目を増やすことも始めました。

奄美大島の農業を見に行こう『奄美大島観光ガイド

ここには何が出来るのですか。市役所に聞いて下さい。

ginzadori222.jpg
奄美市名瀬末広町の銀座通りに会社があります。先日も同じような写真を掲載しましたが、通りすがりの市民の皆様が、「ここには、何が出来るのですか。」と、聞かれる。
やはり、市役所でしょうね。
出来れば看板を設置する必要があるのではないでしょうか。

奄美大島観光ガイド / 金作原鳥蝶植歩ツアー / 奄美大島紬ツアー
奄美大島の海辺で、サンゴとヤドカリ
サラダには、青パパイヤがお勧めです。木之香農園/ 奄美大島電脳書店 / 奄美大島の郷土料理・新穂花の鶏飯(けいはん)
東急ハンズがセレクトした家具・インテリアグッズでお部屋をコーディネートしませんか。

 | HOME |  古い記事へ »

文字サイズの変更

QRコード

奄美大島の観光情報とアフィリエイトのブログ

QR

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

ブログ内検索

RSSフィード

プロフィール

たけちゃん

Author:たけちゃん
基武雄の人生劇場

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2Ad

Template by たけやん