奄美大島ブログ

奄美大島ブログは、奄美の観光ガイド、美味しいお店の紹介、経済、文化情報、災害予測、書籍を紹介など、色々12色を取りそろえたバラエティブログです。

梅雨入りの途中です。

梅雨入りして先日からの雨は嬉しい。
奄美大島の山々に雨が降り続き、川には水が流れていく水音を聴くだけでも心は落ち着く。

また、朝の4時過ぎ頃からは、渡り鳥のリュウキュウアカショウビンが「朝ですよ・・・。」と歌っている。
昨夜は疲れが溜まっていたのか、仕事疲れなのか午後6時から寝た(笑)。
多分、仕事疲れだと思うが(笑)。

今日も多忙な1日である。
雑用ですね。
小さなことの積み重ねでしか大きなことはできない。
また、観光ガイド中に細かいこともできない。

空は曇り空で、今にも降り出しそうである。
できれば今日はご遠慮頂き、雑用の為に市内を自転車で走り回りたい。

日々が多忙になり、友人からは仕事の近況報告で少しだけ長話。
仕事になりそう。と、ほくそ笑む。
寝てばかりいられないが、体が資本であるから、まっいいか(笑)。
スポンサーサイト

やっと雨が降る奄美大島です。

幸いなことに昨夜から雨が降っている。
先月から梅雨入りしたが、空梅雨の毎日でした。
奄美大島の山は湿気がなく、カラカラしていました。
多くの雨が降れば観光ガイドは大変であるが、まずは雨で育まれた大陸のような島なので満足。

ちなみに、私の58年の経験では6ヶ月間は雨が降らなくても断水になることはない。

さて、雨の日の観光ガイドは傘が必要です。
また、金作原原生林ガイドや島内を臨機応変にガイドをする際には、霧がでるとお先真っ白になる。
真っ暗ではない、念の為。

運が良ければの話ですが、雨上がりになればびしょ濡れになっている野鳥が羽繕いと羽を乾かす為に木々に集結します。
これをグッドタイミングで観ることができたらバッチリです。

まずは、雨だから。とがっかりせずに、私と観光ガイドに行きませんか。

■金作原原生林ツアー
弊社の金作原原生林ツアーは、奄美市名瀬のホテルから約3時間で楽しく、奄美大島を代表する原生林へ、ご案内いたします。
今までに体験したことのない、自然散策が貴方の人生感を刺激します。
何かに気がつく、それは仕事、遊び、自然を観る感覚を改めて、気がつく。独特の視点での観光ガイドで、次のステップに向けて新しい体験をお勧めしています。
ツアータイトルは、「金作原鳥蝶植歩ツアー・きんさくばるちょうちょうしょほつあー」です。
金作原鳥蝶植歩ツアー

●ツアーに関して
午前9時に市内出発
所要時間は3時間
殆どが平坦です。
お一人様4,000円

※準備する物
靴を履いて下さい。
Tシャツでもいいのですが、できれば薄い長袖を着られたほうが虫よけになります。
水分補給用の、お茶などを事前に準備して下さい。
買い忘れた場合には、途中で自販機に立ち寄ります。

お手洗いがありません。
事前に、御手洗を済ませて下さい。

デジカメや携帯や、スマホの充電を確認しましょう。
バッチリ、写真撮ってくださいね。

雨具等は弊社で準備しますが、念の為に、折り畳み傘は準備された方がいいと思います。

電話で予約する。
携帯 080-6407-0241

メールで、問い合わせる
いいメール

奄美大嶋観光ガイド
奄美大島の観光情報とツアーガイドは、ここから始まります。

バニラエアは不親切

バニラ・エアに搭乗する際の注意点があります。

まず初めに、3月に福島県からの観光客の方が奄美空港で搭乗手続きをしようととしたら、予約されていない。との返事。
慌てた幹事の方がカウンターの女性とのやりとりの中で「領収書はありますか。」とのこと。

予約しているから「領収書」なんかもちあわせていない。
どうにかこうにか、予約されていることが判明して、搭乗できました。

教訓ですが、「バニラ・エアに搭乗する人は、領収書を持参すること。」

次に、6月10日(土)の関西空港でのカウンターに9時前に到着。
車椅子の予約はしているのだが、「車椅子を貸してくれませんか。」お願いしました。

ところが、「搭乗手続きが10時頃(正確な時間は記憶していないが)にお願いします。」という。
車椅子が必要だからお願いしたのに、歩けない人はどうするのだろうか。

頭に来たので、総合案内所へ行って借りることが出来ました。
話は、まだ続く。
搭乗手続き時間になり、車椅子を用意するというので、断った。
必要なときには借りられないで、車椅子で来た我々に車椅子の用意の話しをする。
頭にきているので、総合案内所に搭乗するまで借りるねむを伝えた。

ご存知のように、搭乗手続きは簡単だが、セキュリティがある。
担当の女性は金属探知機で車椅子までも調べる有様(笑)。

マニュアルに通りの対応である。
某氏は、まだ関西空港では新しい航空会社だからでしょうね・・・。とのこと。納得。
これでは登場者からは嫌われるよね。

話はまだ続く、同じ時間のバニラ・エアのカウンターでの出来事がある。

搭乗手続きをしよとしたら隣の男性が怒っている。
後から話を聴くと、フリガナに間違いがあったようだ。
アァァァ・・・。
安いからではすまないよね。

さて、バニラ・エアに搭乗する際の心構えと対策

1. 領収書を持参する。

2. 車椅子の場合には、搭乗手続きの時間でないと借りられないので、総合案内所から借りる。

3. ネットで殆どの方が予約すると思うので、名前を正確に登録されていのかを再確認すること。

私や隣で怒鳴っていた、男性どうようだが、理不尽だが客である我々が、カウンターのスタッフに気を使わなければならない。
自分を宥めるには、JALは政府からの依怙贔屓で高額だから少しだけ親切。

しかしバニラ・エアは格安で関西空港のスタッフは新人馬鹿りだから、こちらが丁重な精神状態でなければ搭乗できない(笑)。

これが結論だろう。

これはあくまでも、嫌味でも皮肉でもないから食えない(笑)。

バニラ・エアに搭乗する際には、細心の注意という心構えで搭乗してください。

ブログの休日です。

ブログの休日です。

毎月一回ではないのですが。

また、明日ね。

金作原原生林ツアー

金作原のヒカゲヘゴ


全国の皆様、おはよう御座います。

昨日は、天気も良く午後2時過ぎから関東在住の奄美大島出身者の男性2名を奄美大島を代表する原生林に、ご案内しました。

お二人ともに80歳とのこと。
金作原原生林へ行くのは、今回が初めてとのことでした。
気合十分で、いざ出発。

奄美市名瀬のホテルから出発して約20分後には凸凹道に入りました。
昔はどこもかしこも、このような凸凹道でした。

梅雨入り後の奄美大島は、雨というよりも毎日が晴天のようなカラカラ天気。
つまり、空梅雨。
植物や蝶を説明しながら、約1時間足らずで到着。
同業者の車も沢山。あっバスだ。

カゴメランとユウコクラン
さて、下車してから観察したのが、「ユウコクラン」そして、「カゴメラン」。
まずは、蘭の探し方を説明しました。
当然、お客様は、オリンパスとルミックスのデジカメでパチリ。
ちなみに、オリンパスの創業者は、奄美大島出身。

そこから、ユックリズムで歩きながらヒカゲヘゴとヘゴの違いや見分け方。
次に、野鳥の探し方。

そして、●●を使って感動の○○。ここは秘密です。
そこから、またユックリズムで歩き・・・。
あっ、止めとこ・・・。ここは書けない。

そこからまた、ユックリズムで歩く。
金作原の基本的な説明をします。
あっ、また蘭ですね。

これはイノシシが穿り返した場所ですよ。
と、戌年生まれの、お客様に亥年の私が説明。
何を掘り返しているのか、実はこれなんです。
お客様は「なるほど・・・。」

夕方の6時から飲み会があるというので、このあたりでUターンて、車の方に向います。

また、ヒカゲヘゴの説明やデジカメでパチリの連続。

またまたユックリズムで歩きます。
途中でハブよりも怖いのは、倒木ですよ。「これですよ。」と説明。

そして乗車して出発しようとしたら、「あれっ、・・・。もう分けございません。」
「降りて下さい、降りて下さい。」と、ガイドの私。

ここでは書きませんが、意外なものを発見しました。

「・・・でしょう。」 ・・・の所は書けない(笑)。

お客様は初体験。

そして、改めて乗車してホテルへ向いました。

時々、飛び交う蝶もいましたが、適当な説明も出来ずに飛んでいきました。残念です。

ホテルを出発してから、ちょうど3時間の金作原原生林ツアーでした。

金作原原生林ツアー
弊社の金作原原生林ツアーは、奄美市名瀬のホテルから約3時間で楽しく、奄美大島を代表する原生林へ、ご案内いたします。
今までに体験したことのない、自然散策が貴方の人生感を刺激します。
何かに気がつく、それは仕事、遊び、自然を観る感覚を改めて、気がつく。独特の視点での観光ガイドで、次のステップに向けて新しい体験をお勧めしています。
ツアータイトルは、「金作原鳥蝶植歩ツアー・きんさくばるちょうちょうしょほつあー」です。
金作原鳥蝶植歩ツアー

●ツアーに関して
午前9時に市内出発
所要時間は3時間
殆どが平坦です。
お一人様4,000円

※準備する物
靴を履いて下さい。
Tシャツでもいいのですが、できれば薄い長袖を着られたほうが虫よけになります。
水分補給用の、お茶などを事前に準備して下さい。
買い忘れた場合には、途中で自販機に立ち寄ります。

お手洗いがありません。
事前に、御手洗を済ませて下さい。

デジカメや携帯や、スマホの充電を確認しましょう。
バッチリ、写真撮ってくださいね。

雨具等は弊社で準備しますが、念の為に、折り畳み傘は準備された方がいいと思います。

電話で予約する。
携帯 080-6407-0241

メールで、問い合わせる
いいメール

奄美大嶋観光ガイド
奄美大島の観光情報とツアーガイドは、ここから始まります。

 | HOME |  古い記事へ »

文字サイズの変更

QRコード

奄美大島の観光情報とアフィリエイトのブログ

QR

カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

ブログ内検索

RSSフィード

プロフィール

たけちゃん

Author:たけちゃん
基武雄の人生劇場

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2Ad

Template by たけやん